本文へスキップ

社会福祉法人 南幌苑 障がい者支援施設 南幌めぐみ学園は、障がい者支援を専門とする社会福祉法人です。

TEL. 011-378-1011

〒069-0238 北海道空知郡南幌町元町1丁目6番1号

めぐみ学園日記diary

2018年12月5日(水)
もちつき

12月5日(水)南幌めぐみ学園地域交流ホールにて恒例の「もち
つき」を行ないました。
毎年利用者さんのご家族からお米を提供していただいており、
感謝しながら利用者さん・職員共に協力しながらたくさんのお餅
をつきました。
朝から準備をして蒸し上がったもち米を利用者さんと職員で交代
しながら、みんなで「よいしょ」と掛け声をかけながら餅をつき、
お餅を丸めて食べやすい形に手際よく整えていました。
みんなで頑張ってついたお餅は昼食であんこ餅・きなこ餅・お雑
煮として提供されました。
みなさんから「美味しい」と言う声がたくさん聞かれ喜ばれていま
した。

2018年11月7日(水)
南幌めぐみ学園30周年記念講演・懇談会

11月7日(水)に京王プラザホテル札幌にて
南幌めぐみ学園30周年記念講演・懇談会が開催されました。

この度の研修会には
講師として
 日本知的障がい者福祉協会 顧問 橘 文也 様
ご来賓として
 月形町長 上坂 隆一 様
 北海道知的障がい者福祉協会 事務局長 加藤 勲 様
の3名にこの度の30周年記念講演・懇談会にご参加いただきま
した。

まず、講演が始まり、
日本知的障がい者福祉協会 顧問 橘 文也 様により
「交流を深め ともに歩んでいきましょう」というテーマにて
ご講演いただきました。
合間のジョークには笑いが起きたりと和やかな雰囲気で進み、
利用者ファーストの考え方や福祉を取り巻く情勢について沢山
のことを学びました。

ご講演後、懇親会会場に移り、懇親会を始める前に橘様へ日頃の
感謝の気持ちを込めて、花束をお渡ししました。その後は上坂様を
をはじめ3名の方にご挨拶いただき、橘様に乾杯のお言葉をいただき
懇親会が始まりました。懇親会後は別会場にて二次会に進み、どちら
も様々な意見交換やコミュニケーションの場として盛り上がり、美味
しいお酒や料理を楽しみました。

2018年11月4日(日)
わんダフルCAFE MEGUMIがオープンしました。

 オープン初日は快晴でドッグランをご利用いただくには最適な
一日となりました。

 ドッグランの中では、多くのワンちゃんがポールやハードルな
どの遊具で遊び、人工芝の上を元気良く走り回りとても楽しそう
にされ、飼い主の皆さんの会話も弾みとても和やかな雰囲気で
した。CAFEの中ではペッパー君がお出迎えをして、おしゃべり
やヘビーローテーションを披露し、楽しいひと時を過ごされてい
ました。当日は町内の方や札幌、江別方面からお越しいただい
た多くの皆様、沢山のワンちゃんにドッグランをご利用していた
だけた事を心より感謝しております。

 今後も地域の方々の交流の場として提供させていただくととも
に多くの皆様のご来店をお待ちしております。

 ※営業時間は10時30分〜15時00分(定休日は月〜水曜日)
   3月末まではコーヒー・ジュースを300円でご提供させていた
   だきます。来年度4月からは軽食をご提供予定です。

2018年10月20日(土)
創立30周年記念式典・祝賀会 開催されました。

10月20日(土)に南幌めぐみ学園地域交流ホールにて創立
30周年記念式典が開催されました。

新築したなんぽろ地域生活支援センター「かよえ〜る」とわん
ダフルCAFE MEGUMIの内覧会も併せて行い、南幌町
長をはじめ多くの来賓の方にご来場いただきました。

記念式典では、今までの30年を支えていただいた各ボランテ
ィティア団体等、新築工事に尽力していただいた会社へ感謝状
の贈呈を行いました。
また、南幌町長 三好富士夫様、月形町長 上坂隆一様、
日本知的障がい者福祉協会 前会長 橘文也様よりそれぞれご
祝辞をいただき、橘様についてはウクレレの演奏もしていただ
き、記念式典ながら場がとても和んでいました。

その後は多くの関係施設等から頂いた祝電を披露したのち、記
念式典を終え、その後は祝賀会へ。
祝賀会では、ココガールズによるフラダンス、職員・利用者に
よる余興や30年を振り返るスライド上映を行いました。

利用者含め約180名の中で記念式典・祝賀会は盛会のうちに
終了いたしました。

ご多忙の中、出席いただきましたご来賓の方々には厚く御礼申
し上げます。

2018年9月30日(日)
第31回 南幌めぐみ学園祭

9月30日(日) 第31回南幌めぐみ学園祭が開催されました。

この日の為に職員はもちろん利用者さんも準備を重ねて参りま
した。
開会式では、11月OPEN予定のわんダフルCAFEMEGUMIで披露
予定のペッパー君が登場し、ご挨拶いただいたご来賓の方々も
ペッパー君に触れるなど、非常に和やかな雰囲気で行われまし
た。
開会式を終えると利用者さんの皆様も楽しみにしていた露店が
OPENして、ご家族の方や利用者さん含め学園祭参加者が露店
のもとへ。参加者の皆様は焼き鳥、みそおでん、生ビールなどお
いしいお食事を食べ、製品販売コーナーをまわりながら、地域交
流ホールでステージ余興に耳を傾けていました。
余興ではなおこバンドさん、厚別西本陣寿太鼓、利用者・職員の
オンステージ(ダンス)が披露され、大変盛り上がりました。
最後には毎年恒例お楽しみ抽選会が行われ、製品販売に来られ
た事業所の製品や南幌特産品などの豪華な景品が用意されており
こちらも盛り上がりました。ご当選された方おめでとうござい
ます。
その後、閉会式が行われ、第31回南幌めぐみ学園祭はご盛況の中
終了となりました。
保護者の皆様を始め、ご来賓の皆様、余興やボランティアにご参
加頂いた皆様、お忙しい中ご参加・ご協力いただきまして誠に
ありがとうございました。

2018年9月18日(火)
30周年道内宿泊研修旅行

 9月12日〜13日にかけて30周年記念道内宿泊研修旅行(小樽
方面)に行ってきました。

 一日目の行程は、学園〜小樽運河沿い散策〜小樽水族館〜定山渓
ビューホテルとなっております。
運河沿いでは北の漁場という飲食店にて海鮮丼を食べ、そのま
ま通りを散策し、お土産を買ったり、食べ歩いたりと楽しまれてい
ます。 
 小樽水族館では泳いでいる魚などを見たり、イルカショーやペン
ギンの散歩などショーを楽しみました。
定山渓ビューホテルでは大きいお風呂にゆっくり入浴した後に宴会
が始まり、美味しい食事、飲物に下鼓を打ちながらビンゴゲームや
カラオケなどの余興を皆様楽しまれておりました。

 2日目の行程は、定山渓ビューホテル〜定山渓ファーム(果物狩
り)〜さっぽろ羊ヶ丘展望台・レストハウス〜南幌めぐみ学園 と
なっております。
 定山渓ビューホテルを出発した後、定山渓ファームに続く険しい
道を通り抜け、定山渓ファームにて果物狩りを行ないました。木に
なっているプルーンやプラムなどを手で取ってそのままお口の中で
味わい、新鮮で果汁がはじける美味しさを楽しみました。
 羊ヶ丘展望台では絶景の景色を楽しんだ後、昼食にジンギスカン
を食べました。ラム肉の焼ける美味しい匂い、味わいを皆様で
お腹一杯になるまで楽しみました。
 羊ヶ丘展望台見学後は旅行行程の余韻に浸りながらバスに揺ら
れ、何名かは目を閉じて眠られている方もいらっしゃいました。

 皆様楽しみにされていた道内宿泊研修旅行ということもあってか、
1日目、2日目共に笑顔や笑い声が多く見られておりました。
楽しかった旅行、思い出として利用者さん一人ひとり心に留めて
頂ければ幸いと思います。

2018年8月23日(木)
上棟式

本日、建設中のなんぽろ地域生活支援センター「かよえ〜る」と
わんダフルCAFE MEGUMIの上棟式が行なわれました。

上棟式がはじまる前には総合施設長先導のもと利用者さん全員
で建設中の建物見学を行ない、建設業者さんから説明を受けて
いました。
まだまだ建設途中ではありますが、全体的な進行過程が利用者
さんも間近で目で見て感じられた良い機会だと思います。

見学後、上棟式が行なわれ紅白もちまきがはじまりました。
みなさん、一生懸命に、時には笑ってもちを拾われており、とても
和やかで楽しいイベントになりました。
紅白もちはその日の午後に皆様に提供され、おいしくいただき
ました。

2018年7月20日(金)
創立30周年記念旅行 7月18日〜20日

日光・東京方面(2泊3日)へご利用者8名、ご家族5名、職員6
名の総勢19名で行ってきました。
1日目は、特急列車で浅草から鬼怒川温泉まで景色を眺めなが
ら静かな車内とゆったりとした座席ですっかりくつろいでしまいま
した。
2日目は、日光東照宮・いろは坂を登って華厳の滝・浅草仲見世
を観光。有名な世界遺産の日光東照宮では、鳥居をくぐると五重の
塔があり風情を感じながら進んで行くと様々な歴史的建造物が
立ち並んでいました。
2日目の夕食会は、屋形船に乗りおいしい料理とお酒を楽しみな
がら皆さん大盛り上がり、綺麗に光る東京スカイツリーや景色を
見てとても有意義な時間を過ごす事ができました。
そして、最終日。上野動物園へ大人気の「シャンシャン」を見に行
きました。シャンシャンフィーバーが続いていましたがこの日はと
ても運が良く待ち時間40分で見る事ができ「かわいいね〜」と皆
さんとても喜ばれていました。
猛暑の中でしたがとても楽しい3日間でした。

2018年7月8日(日)
第31回南幌めぐみ学園 スポーツ大会

7月8日日曜日に南幌めぐみ学園前庭にて
第31回南幌めぐみ学園 スポーツ大会 が開催されました。

例年は就労生活支援センター「かよえーる」グラウンドにて開催さ
れておりましたが、30周年記念事業工事の為、前庭にて開催と
なっております。

一人ひとり笑顔で体を動かされており、皆さまの声援のもと、
北町福祉部会様や保護者の皆様、ご来賓の皆様と一緒に
楽しまれておりました。
ご来賓頂いた皆様、北町福祉部会の皆様、ご協力頂きまして
誠にありがとうございました。
また、ご参加されました保護者の皆様誠にありがとうございました。

2018年6月29日(金)
救命救急講習会

 南空知消防組合南幌支署から講師3名をお招きして毎年実施
されている救命救急講習会を行ないました。
 心臓マッサージ・呼吸の確認、AEDの使用方法などを教えて
いただき、鼻をおさえて、息を吹き込むと、うまくいくと人形
の胸の膨らんでいく様子が確認できました。このとき、顎の先端
を人差し指と中指で持ちあげて気道の確保をするなど、細かいポ
イントも教えていただきました。
いざという時に必ず役立つ技術であります。講習が終わった後
も忘れることのないよう今後とも勉強していきます。

2018年6月25日(月)
地域貢献・軍手寄贈

めぐみ学園で作った子供軍手を、南幌町のみどり野幼稚園といち
い保育園の園児の方に子共軍手を寄贈しました。

野外活動用で使用するとのことで園児の方も笑顔で受け取られてい
ました。

2018年6月21日(木)
花植え

今年もめぐみ学園開設来から環境整備の一環として、栗林総
合施設長の高校時代の友人である北広島市西の里の赤坂花
園社長より600株を寄贈にて頂きました。

今年も大変綺麗なお花となってます。皆さまお越しの際はぜひ
ご覧ください。

2018年6月15日(金)
焼肉パーティ

晴天の中、焼肉パーティが行われました。

めぐみ学園の正面にて炭火焼肉を皆さんで楽しみ、ジンギスカ
ンやホルモンなど焼き上がったお肉を食べると「おいしいね〜!
!!」とあちらこちらから聞こえ、中には自分でお肉を焼いて楽
しまれている方もいました。
美味しい焼肉を食べながら会話もはずみ皆さん満面の笑顔!!!
食べ終わった後は「おなかいっぱい」と大満足されていました。
やはり炭火で焼くお肉は格別においしいですね。

2018年5月26日(土)
平成30年度第2回リスクマネジメントセミナー開催される。

 5月26日(土)に南幌めぐみ学園体育館にて外部講師を招き、
法人役員・職員対象で「リスクマネジメントセミナー」が開催され
ました。
 講演では「虐待とリスクマネジメントについて」と題して竃k海
道保険補償代表取締役 石山忠様より、平成28年度の虐待に
よる相談通報は4,606件あり福祉関係者の通報が3割も多い
状況である。虐待の発生要因の一つとして介護技術等の力量
不足や職員のストレス及び感情コントロールの問題があり、虐
待発生には使用者責任が問われることから、防止策として労働
者の環境を見直すことが必要との説明がされました。今後も利
用者にとってより良い生活が送れるように日々支援していきたい
と思います。

2018年5月21日(月)
北海道知的障がい福祉協会 総会で笹野勝明さんが受賞されました

 平成30年5月21日 京王プラザホテル札幌で開催された、北海
道知的障がい福祉協会の総会において、総合活動者として平成30
年度は全道で5名が受賞されました。
 永年にわたり一般就労や日中活動に従事するとともに社会活
動に積極的に参加された功績のある方が受賞され、南幌めぐみ
学園では、笹野勝明さんが受賞されました。
 橘会長より心温まるお言葉をいただいた笹野さんはとても嬉し
そうな表情で表彰状と記念品を手渡され、笑顔でお礼をされてい
ました。
 また、ご家族も表彰式に出席していただきご本人もとても嬉し
そうにされていました。

2018年5月15日(火)
北海道グリーンランドに行きました。

 本日の天気は快晴。気温も丁度よく外出には最適の一日でした。岩見沢にある北海道グリーンランドへ総勢67名が参加され日帰り社会学習に行ってきました。
 朝から皆さま笑顔で準備をして、バスが到着すると嬉しそうに乗車されていました。
 北海道グリーンランドに到着するとまずはわんわん大サーカスを見に会場へ。
 可愛らしい犬のショーを見て笑顔や笑い声が多く皆さまとても楽しまれていました。
 サーカスを見た後は集合写真をとり、班に分かれて自由行動となり、皆さま乗り物に乗られたり、買物を楽しまれておりました。
 帰りのバスではわんわん大サーカスの犬がとても可愛かったね等と話されており、楽しい時間を過ごすことができました。

2018年5月12日(土)
安全祈願祭が執り行なわれました。

 5月12日(土)に社会福祉法人南幌苑30周年記念事業のなん
ぽろ地域生活支援センター「かよえ〜る」新築工事及びわんダ
フルCAFE MEGUMI新築工事の安全祈願祭が執り行われま
した。当日は関係者約30名が参加し、工事の安全を祈願しまし
た。
 今後、新築事業が進められ建物が10月上旬完成、その他外
構工事が12月上旬完成を予定しております。

2018年5月8日(火)
環境整備 地域貢献活動

 5月8日火曜日に例年地域貢献の一環として実施している環境整備
を今年も行ないました。

 買物などで利用している南13線西8号交差点より西7号方面と、
セブンイレブン横からめぐみ学園に向かっての道路及び学園周辺
のゴミ拾いが行なわれました。

2018年5月6日(日)
H30年度めぐみ会定期総会

 5月6日、南幌めぐみ学園体育館にてめぐみ会(家族会)の会員と職員で情報交換会が行われ、その後に平成30年度めぐみ会定期総会が、21家族26名の方々出席のもと行なわれました。

 定期総会では高橋保之会長の挨拶、栗林総合施設長の挨拶がなされました。議事に入り、平成29年度の事業報告、収支決算報告、幹事報告、平成30年度の事業計画等、役員改選が行なわれました。

 事業報告ではスポーツ大会やめぐみ学園祭などの施設行事への協力・施設・ めぐみ会研修会・懇談会の開催などの報告があり、それに伴って決算が報告されました。

 また、平成30年度の事業計画について、学園行事への参加および支援、ご利用者の生活環境向上への情報収集を基本として実施し、今年度の30周年記念事業についても話され、平成30年度の予算が組みたてられ、出席者からの了承を得られました。

2018年4月21日(土)
役員・職員合同研修会

4月21日(土)に南幌めぐみ学園体育館にて外部講師を招き、
「知的障がい者福祉の歴史と現状」と題して役員・職員合同研修会が開催され役員7名・職員27名が参加しました。

 講師は、北海道知的障がい福祉協会権利擁護委員 白戸浩雅氏による講演が行われ、最初に知的障がい者福祉の歴史から、近年の障がい者総合支援法、障がい者差別解消法施行等の施策の経緯と現状と今後についてお話があり、役員共々改めて「知的障がい者福祉」の時代に沿っての施策、関係法の移行について参考になりました。

 後半は、「障がい者虐待防止チェックリスト」を活用して個人ワーク、6グループに分かれてグループワークにより平成30年度の「権利擁護・虐待防止」の取組みについてテーマを掲げて、具体的な実施事項を討議され、各グループからの発表を行ない虐待防止についてそれぞれ役員も交えて職員間の共通認識が再確認でき、この研修会を通して今後も利用者支援に役立てて行ないたいと思います。

次回は5月26日に役員・職員研修会「虐待とリスクマネジメント」と題して、北海道保険補償の石山忠代表取締役を講師に招いて研修を開催します。

2018年4月1日(日)
開園30周年記念日

本日平成30年度4月1日で、社会福祉法人南幌苑障がい者支援
施設南幌めぐみ学園開園30周年を迎えました。

職員に向けて理事長から新年度の挨拶及び辞令交付が
行なわれました。
また、永続勤務表彰が行なわれ、30年3名、20年1名
10年2名が表彰されました。

昼食は30周年を記念して生寿司をはじめとしたお料理と空知の風の
ロールケーキが提供され、皆さま美味しそうに食事を食べられていました。

2018年3月20日(火)
園内レクリエーション

めぐみ学園体育館にて園内レクリエーションが行なわれました。

赤、青、緑、黄チームに分かれ、皆さん準備万端。

種目はメディシンボール、じゃんけん列車、紅白玉入れ、フルー
ツバスケットです。

一つ一つ皆さまで声を出し合ってレクリエーションを楽しまれて
おりました。

 休憩時にはおいしい甘酒を皆さまでいただきました。
2018年2月14日(水)
地域貢献事業 高齢者世帯住宅除雪

昨年同様、地域貢献事業として高齢者世帯の住宅に伺い、実施し
ました。

ご利用者・職員数名で午前と午後に分かれ、玄関前・軒下・物置の
屋根など、お住まいの方が投雪の困難な場所を中心に除雪、トラ
ックを使用して排雪を行ない、大変喜んでいただけました。

2018年2月9日(金)
2月誕生膳

2月9日(金)は月に1度の誕生膳でした。
今回は「ふわとろオムライス」の他、ケーキなどが
出され2月生まれの利用者含めみなさん喜んで食べ
ていました。

2018年2月3日(土)
節分

本日は節分であり、めぐみ学園内でも豆まきを行なっています。

めぐみ学園内を一つ一つ利用者さんと共に豆まきをし、一人一人大き
な声で無病息災を祈っていました。

2018年1月18日(木)
新年会

南幌めぐみ学園体育館にて新年会が開かれました。

鍋料理を中心とした豪華な料理が用意され、「おいしいね」
と皆さま話されておりました。
ご利用者さんの還暦祝いも兼ねており、緊張した面持ちで総合施
設長からお祝い品を受け取られていました。
余興にはカラオケ大会が開かれ、普段カラオケで歌われている
成果を披露されていました。

2018年1月1日(月)
謹んで新年のお慶びを申し上げます。

今年は、社会福祉法人南幌苑 障がい者支援施設南幌めぐみ学園
ができて30周年となります。これもひとえに皆様のご恩情とご支援
の賜物と感謝しております。

今年度は、30周年記念事業といたしまして就労支援センター
「かよえ〜る」の建て替え、福祉の店を併設して「わんダフルカフェ
MEGUMI」を新たにつくり、地域貢献の一環として地域に開放する
所存です。

今後とも「地域と共に生きる」を目指して地域にひらかれた施設
づくりに努めてまいりますので、ご指導、ご鞭撻のほどよろしく
お願い申し上げます。
                     平成30年1月1日

社会福祉法人 南幌苑
障がい者支援施設 南幌めぐみ学園
常務理事 総合施設長 栗林 和史

2018年1月1日(月)
正月飾り

毎年、空知の風さまが作っている正月飾りを南幌めぐみ学園
で飾っています。

今年も新年を迎えるにあたって正月飾りを購入し、正面玄関と
居室棟玄関に飾っております。


バナースペース

社会福祉法人 南幌苑
障がい者支援施設 南幌めぐみ学園

〒069-0238
北海道空知郡南幌町元町1丁目6番1号

TEL 011-378-1011
FAX 011-378-1013
e-mail n-megumi@nanporoen.or.jp

diary1.htmlへのリンク